« 圧力鍋でリンゴジャム作り | トップページ | お寺のかねの音 »

ドライアイスでもくもく♪

ケーキを買った時にドライアイスがついてきたら、ドライアイスで遊んでみましょう。ドライアイスはマイナス79℃。冷たい冷たい世界でわくわく♪

■用意するもの

ドライアイス、お水、お湯、容器

■やってみよう

1、お水の中にドライアイスのかけらを入れます。(ドライアイスが大きい時は、カナヅチなどで割りましょう。この時、ドライアイスが飛び散らないように、タオルでドライアイスをくるみます。)ぶくぶくぶく・・・

2、次は、お湯の中にドライアイスをぽちゃん!水の時より、白い煙がもくもく!幻想的な光景ですよ!F1000908

■なんでかな?

ドライアイスは、二酸化炭素の固体です。ドライアイスが溶けて気体になると二酸化炭素になります。しかし、白い煙が二酸化炭素というわけではありません。気体の二酸化炭素は目に見えません。白い煙は、空気中の水蒸気が冷やされて白く見えるのです。

【参考文献】もっと子どもにウケる科学手品77(講談社) 後藤道夫著                     

|

« 圧力鍋でリンゴジャム作り | トップページ | お寺のかねの音 »

実験」カテゴリの記事